HOME> α-リポ酸(アルファリポ酸)
α-リポ酸(アルファリポ酸)とは?

α-リポ酸・牛 α-リポ酸・豚 α-リポ酸・ほうれん草 α-リポ酸・トマト α-リポ酸・ブロッコリーα-リポ酸(アルファリポ酸)は別名、チオクト酸とも呼ばれ、体内にも存在する含硫脂肪酸でビタミン様物質。水溶性・脂溶性でもあるので体全体の細胞に隅々に行き渡ります。α-リポ酸(アルファリポ酸)は、牛・豚の肝臓、心臓、腎臓、ほうれん草、トマト、ブロッコリー、じゃがいも、にんじん等に少量含まれています。強力な抗酸化力を持ち体内のフリーラジカルを中和させる働きがあり、細胞を紫外線等による酸化ストレスから守ります。

α-リポ酸(アルファリポ酸)の効果

アンチエイジング

α-リポ酸は強力な抗酸化成分 α・リポ酸、紫外線から守るα-リポ酸(アルファリポ酸)はビタミンCやビタミンEの約400倍の抗酸化力があるとも言われる含硫脂肪酸でアンチエイジング作用が知られています。体内では、その還元体がフリーラジカルを強く中和させる働きを持ち、細胞を紫外線等のダメージから守ってくれます。フリーラジカルとは酸化を引き起こす不安定物質であり、他の分子から水素原子を奪い(酸化)ダメージを引き起こします。


美肌をつくる・シミ、しわの改善にも!

美肌をつくるα-リポ酸α-リポ酸、シミ・しわα-リポ酸(アルファリポ酸)には優れた美肌効果があり、肌をきめ細かいなめらかな肌へと導きます。また、α-リポ酸(アルファリポ酸)はシミ、シワの防止、改善にも優れています。



酸化されたビタミンC、ビタミンE、グルタチオンを修復

またα-リポ酸(アルファリポ酸)は体内で一部還元されてジヒドロリポ酸となり、酸化してしまったビタミンC、ビタミンE、グルタチオンを元の還元型に修復する作用があります。すなわち、ジヒドロリポ酸はビタミンC、ビタミンE、グルタチオンよりも抗酸化力が高いことを示し、これらの成分の働きをサポートします。


α-リポ酸(アルファリポ酸)の安定性

α-リポ酸(アルファリポ酸)は美肌を保つのには欠かせない成分ですが、光、酸化、重合などで、溶液での安定性が悪く、更に分解が進むと悪臭を発生する欠点があります。

Topへ戻る